滋賀の町並みについて

滋賀県は京都や大阪に近くて、豊富な自然があるので人気が高く、なおかつ地価が安いことから京都や大阪などの通勤や通学のできるベッドタウンとして住宅の需要が高くなっていて、マンションなどの住宅の開発が活発に行われています。これに伴って交通の利便性が向上してきているので、町並みにも変化が生まれています。昔ながらの景色は徐々に姿を消し始めていますが、たくさんの自然や観光地、歴史遺産などがこの地域に残されているので、商業施設の開業などが続いていて、人口は順調に増加しています。全国的に見てもこの地域の人口の減少率はかなり緩やかなものとなっていて、東京や沖縄についで3番目になっています。この要因として考えられるのは、地方からの移住者が多いということで、日本全体の人口減少の歯止めにはなりませんが、地域の人口減少を食い止めることができています。将来的に見ても大阪や京都などの商業などの中核の地域の住宅の受け皿として人口増加が続いていくと見られています。