滋賀県の水害時にはこれを確認

震災や台風など、予測できない自然災害に直面した場合に備え、予め避難場所を決めておくことは非常に大切です。
滋賀県には、日本最大の面積と貯水量を誇る湖、琵琶湖があります。大雨が降ると、雨水により川の水が増水します。そして、川から溢れ出た水は、次々に琵琶湖へ流れ込みます。そして、次第に琵琶湖の水位が上昇し、最終的に溢れ出てしまい、深刻な浸水被害をもたらします。一度上昇すると琵琶湖の水位はなかなか下がらないため、浸水被害は長期間続きます。
このように、滋賀県では大雨による川の氾濫と、琵琶湖の水位が上昇することによる浸水被害という2つの被害が予測されます。こういった事態に備え、滋賀県では地域の安全度マップを作成し、地域ごとに河川などの氾濫や浸水が起こる可能性を住民に分かりやすくまとめています。また、市町が作成した洪水ハザードマップには、大きな川や琵琶湖が溢れてしまった場合、浸水が想定される地域や、避難行動・場所についてまとめてあり、住民の間で共有されています。